FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23:涙のジョージ(20)

2016年07月18日 23:42

心にもない事を
私はおどけて口にしていたのだ。
何て事を言っているんだろう。
こんな事、一度も思った事無い!
こんな事を伝える為に電話したわけじゃない!
それなのに心にもない言葉を口にしている。





「小雪ちゃんってさ、本当に人の気持ちが分からない人だね。
俺、女にこんな酷い事、言われたの初めてだよ。
そんな事を伝える為に電話してきたの?
俺がさ、その言葉でどれだけ傷付くのか分かっている? 分からないでしょ。
連絡先を聞いても教えてくれない。
いつ逢えるかも分からない君の事を
俺が一体どんな気持ちで、あの場所で待ち続けていたのか分かる?
その気持ちを考えた事ある? 分かるはずないか。
どうせ俺は君の遊び相手の一人にしか過ぎなかったからね、でも俺は違った。 
だけど前の彼女の事もあって
また同じ想いをするんじゃないかって不安だった、怖かった。
一緒に居ても、君が何を考えているのか全然分からなかったからね。
俺達、もう逢わない方がいいよ。」



ずっと疑ってた。
彼の言葉も。
彼の行動も。
何もかも全て。
私は信じる事が出来なかった。


何で気付かなったんだろう。
何で今まで分からなかったのだろう。
あの場所で
私を待ち続けていてくれた彼の気持ちに。
一度だってそんな事なんて考えた事すらなかった。
酷い事を言ってしまった。
最低だ。
本当に最低だ・・
彼に逢う資格なんてない・・
もう電話しちゃいけない。



「ごめんね、もう電話しないから安心してね。」



声が震えて言葉が詰まる。
喉のあたりまで感情が一気に込み上げてきて
息が出来ない程、苦しくなっていった。
それなのに私の一粒の涙も零れ落ちる事はなかった。
こんなに哀しいのに、何故、泣けないのだろう。
泣きたい時に泣く事も出来ないなんて苦しいよ。
彼の言葉も聞かぬまま、私は受話器をおろした。



私の初恋は終わった。


23: 涙のジョージ(19)

2016年07月18日 22:41

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

23:涙のジョージ(18)

2016年07月18日 19:40

それでも心のどこかで期待していた。
あの日、出会った路地を通る度に
これまでと同じように
笑顔で待っているくれるような気がして
私は彼の姿を探していた。
だが逢えなかった。





次の日も
次の日も
彼の姿を目にする事はなかった。





           逢いたい。




財布に入れた名刺を取り出し彼の会社に電話をかけた。
番号を押す度に心臓の鼓動が高鳴るのを感じる。





      もしもし、お電話代わりました。






彼の声を耳にした瞬間
胸がギュッと絞めつけられるような痛みを感じた。






彼と過ごした期間、
私から連絡する事は一度もなく
彼に連絡先を聞かれても教えなかった。
知らない方がいいと思っていたから。
ずっとそれが私の本心だと思っていた。
だが違う。
私は気付いていたのに自分の本心の見ようとしなかったのだ。
彼に対する想いを否定して続けていた。
逢いたいという想いも
彼に連絡したいという想いも
何もかも全てを私は否定していたのだ。



23:涙のジョージ(17)

2016年07月18日 19:39

出会った場所に彼の車が止まった瞬間
胸の奥底を締め付けるような痛みを感じた。
苦しい。
そして哀しい。
それなのに私は哀しいなんて素振りを微塵も見せる事無く
バイバイ。という短い言葉で別れを告げた。




         

    ------ もう逢えないよ、小雪ちゃんはそれでいいの?





冷たい口調で発せられた言葉。
もう逢えないよ。という言葉は彼の意思であり主張にも思えるが
どこか私を繋ぎとめる言葉にも感じ取れた。



「それでいいの?」その言葉は卑怯だよ。
私は何て言えばいいの?
貴方はどうなの? 
私達はいつも互いの心内を探る事しかしない。
傷付く事を恐れ本心を口に出す勇気がない。
煮え切らない態度と言葉
そして本当の気持ちを伝える事が出来ない自分自身に
互いに苛立っていたのだ。



「いいよ。 別に。」


「本当にいいんだね?!」


念を押すような冷たい言葉であった。
どうすれば、こんなに冷たくなれるんだろう。
あんなに優しかったのに・・・



「だってマスオさんが言ったでしょ? もう逢わないって!
私達は寂しい者同士ただのお遊びだったんだよ。
今までありがとう、楽しかったよ、元気でね。」


「分かったよッ! じゃー元気で。」



こんな風に終わりたくなかった。
笑顔で終わりたかったのに・・
喧嘩腰になった私達は
互いの想いを伝える事無く別れたのであった。

23:涙のジョージ(16)

2016年07月18日 16:01

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

23:涙のジョージ(15)

2016年07月18日 15:41

いつも優しくて、穏やかな彼の姿はそこになく。
欲情した彼の一つ一つの仕草は
とても男らしくもあり、力強く、本能そのものであった。
互いの身体に絡まり激しく求めあい
彼という存在が私の心臓を貫く度に哀しみに襲われる。
散々、求め続けたものが
本当の意味で私自身が望んだものではない事ぐらい
私が一番分かっている。




大事に思ってる。



それで十分だったのだ。
それなのに私は失う事を恐れ
自ら破戒しようとする。
そうして自分を傷つける事で納得させる。
そういう風にしか私は自分を表現する事が出来ない。



子宮の奥底が熱くなり何度もうずいた。
それは誰かを想い
切なくなった時に感じるもの。


           

          

          
            好きだったんだ。
          



          彼の事を好きだったんだ。





          それを認めるのが怖かった。
          



            怖かっただけ。





            気付いて欲しい。




             私の気持ちに。




             やめて欲しい。



          他の男と同じにならないで。





だが目の前にいる彼の表情は、まるで別人のようであった。
なんだ、彼もただの男か。
そう思ったら
また身体の底が熱くなり哀しみに襲われ
全身が熱くなり涙が込み上げてきた。


23:涙のジョージ(14)

2016年07月18日 15:40

ベットに押し倒し
柔らかく
温かい彼の耳たぶに私の唇が触れた。




       ―――  寂しいから抱いてほしい・・




       ―――  本当にもう逢わないよ。 
          今日が最後になるよ。 それでもいいの?
           俺、理性失うよ。





今日が最後。
彼の言葉に胸が締め付けられた。





       ―――  いいよ、今日が最後で。






彼女を忘れる為に女と過ごしてきた彼。
私はその中の一人、遊び相手にしか過ぎない。
それと同じように私にとっても彼も今までの男達と同じなんだ。
なんて事はない。
一度目にヤッタか
時間を置いてヤッタかの違いだけなんだから・・・



私は何も分かってなかった。
たくさんの事を
彼には教えてもらったのに
大切な事を彼はたくさん教えてくれたのに
私は何も分かってなかった。




23:涙のジョージ(13)

2016年07月18日 15:39

「私じゃダメなの?」



「そうじゃない、俺だって男だから迷う気持ちだってあるよ。」



「だったらいいじゃん!」



「前にも言ったよね、遊びの女とは二度と逢わないって。
心があるセ,,ックスじゃなきゃ出来ないって。」



遊びの女とは二度と逢わない。
彼の言う遊びの女が
私を示しているように感じて
この関係に終止符が打たれる気配を感じた。




「心がなくたってセッ,.,クスは出来るし、逢いたくないならそれでいいじゃん。」 



「大事に思っているから出来ない!」



彼と居ると哀しくなる。
彼と過ごすと寂しが増すばかり。
これ以上、苦しみたくない。
遊びの関係なったら終わり。
それで楽になれるのならいい、そっちの方がいい。
もう逢わない方がいい。
歯がゆくて
歯がゆくて
どうしたらいいのか分からなかった。



最後まで目を通して下さって本当にありがとうございます♪
↓ もし宜しければよろしくお願い致します。 ↓

   ・:*:・ ランキング参加中です・:*:・
       

  ブログにペッタン貼るだけ副収入
   初心者でも簡単、無料で即始められます! 丁寧な解説あり!

  日本最大大手企業カリビアンガール募集中
   チャットガールで自宅に居ながら副収入新規登録21.000円プレゼント! 

  24時間好きなときに好きなだけ働ける!
   家事の合間やお仕事の後に!EXSHOTで高額副収入稼ぎませんか?



24時間好きなときに好きなだけ働ける!家事の合間やお仕事の後に!EXSHOTで高額副収入稼ぎませんか?  



23:涙のジョージ(12)

2016年07月18日 15:22

彼が幾度となく口にした
大事に思っているという曖昧な表現ではなく
もっと違う言葉を求めていた。
だが私が求めるものは手に入らない。
彼の元を去った彼女には敵わないのだ。






ベットから飛び起きると
彼の体に馬乗りになり耳に舌を這わせ囁いた。





       ―――  お願い、私を抱いて。 
 




そんな私に対し彼は尚も告げる。
この関係を
これから先もずっと大事にしていきたいと思っている、と。




この関係って何なのだろう。
他の女は抱けるのに何故、私は抱けないのだろう。
私じゃダメって事?
ただの暇つぶし?
今まで感じた寂しさとは違う。
今までの私は一人でいる事に寂しさを感じた。
だが今は違う。
彼といる事により私の寂しさが増してゆくのだ。





その後も彼と一緒に過ごした。

ほぼ毎日逢ってホテルへも行った。

白いシャツを着た彼の

優しくて温かい大きな腕の中で

子猫のように丸まって過ごす。

何度求めても

彼が私を抱く事はなかった。



最後まで目を通して下さって本当にありがとうございます♪
↓ もし宜しければよろしくお願い致します。 ↓

   ・:*:・ ランキング参加中です・:*:・
       

  ブログにペッタン貼るだけ副収入
   初心者でも簡単、無料で即始められます! 丁寧な解説あり!

  日本最大大手企業カリビアンガール募集中
   チャットガールで自宅に居ながら副収入新規登録21.000円プレゼント! 

  24時間好きなときに好きなだけ働ける!
   家事の合間やお仕事の後に!EXSHOTで高額副収入稼ぎませんか?




23:涙のジョージ(11)

2016年07月18日 15:03

「寂しいから、抱いて欲しい。」


「まだまだ甘ちゃんだねぇ、
セック,.,スよりもね、世の中には大事なモノがあるんだよ。」 


「何があるの?」


「心だよ、心。
前にも話したよね、遊びならいくらだって寝れる。
だけど心がない相手とセック,.,スはね、本当のセ,,,ックスじゃないんだよ。」






           心






心って何だろう。
心って何?
そういう経験をした事がなかったから
その心が私には分からない。
その心がない相手とは私の事なのか。
だから彼は私を抱かない。
まだ好きなんだ・・・
彼女の事を忘れられず
その寂しさから逃れる為、都合が良い私と一緒にいる。





「じゃー、丁度いいじゃん。」


「俺はね、小雪ちゃんの事、大事に思ってるから。
この関係を壊すような事したくないんだよ。」



この関係って何?
そんなのただの綺麗ごとじゃない。 
私の心の中は
彼に女として見られていない事を哀しいと感じる気持ちがあった。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。