FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2:姿なき心の犯罪(13)

2015年08月31日 21:30

六畳程の畳の部屋。
いつもいる用務員の叔母ちゃんはいない。
茶色のテーブルの向かい側に胡坐をかく先生の顔色を伺いながら
私は畳の上に正座した。




「実はな、今朝、舞が君の事で悩んでいるって
クラスの皆を引き連れ相談に来たんだ。
今朝、挨拶をしたら、おはようございます。って返事したんだろう?」



「・・・」



「舞が言ってたぞ! 同級生なのに何で敬語を使うのか?って
このクラスの仲間じゃないんですね!って泣きながら言ってたぞ。
言ったのか? 
お前はクラスの仲間に、おはようざいますって言ったのか!!」





「言いました・・・」




舞や先生の言うとおり
確かに私は言った。
だが何故私がその言葉を口にしたのか
その理由は聞くどころか
気にとめようともしなかった。



同級生も
同級の親も親族も誰もが顔なじみの
寂れた田舎町。
30人も満たない1クラス。
毎日、生徒たちを見ている先生が
分からないはずがない。
だが皆、見て見ぬふり。
大人達は自分の都合の良い所しか見ないようにする。




狭い図書倉庫で
昨日と同じように何発も叩かれ
立っている事ができない私は
床の上に崩れおちるように這いつくばった。


緑色のビニール素材の床に
四つん這いになった私は大声をあげ泣いた。
狭い倉庫から漏れる私の泣き声が誰かの耳に届く事を願って
誰かがこの扉を開け助けてくれるのを夢見た。
誰でもいい。
誰かに気付いて欲しかった。
助けて欲しかった。
泣き崩れる私の肩を抱える取り巻き共に支えられ
水道へ連れて行かれる。
そして「よし!」という号令がかかるまで
何度も顔を洗わされる日々が続いた。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。