FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6:さよならの文字(2)

2015年10月17日 11:12

三人で行動にする事となり
涼も私達と同じバレー部に入部した。


部活のスケジュールには
セットと呼ばれるものがあった。
ダッシュやストレッチ
パスやレシーブの練習を二人一組で行う。
それまでは彩加と組んでいたが
涼がバレー部に入部した事により変わった。




「なー、小雪、今日のセット一緒にやろな。」


「あのね、私・・」


「いいよ、サツキちゃんと組むから!」



私の言葉を遮ると
更衣室へ走り去る彩加が
泣いているように見えた。


「彩加、ちょっと待って!」


「本当にいいから、私の事は気にしないで。」



走り去る彩加を追いかけ
彼女の手を掴んだ瞬間
掴んだその手を力いっぱい振り払われた。
明らかに彩加が怒っている事を感じた。





         ―――  ねぇ、交換日記しよっか?




         ―――  交換日記?




         ――― そうだよ、仲良しの証。




彩加に渡されたのはスヌーピーのノート。
六年から始まった交換日記。
彩加の番になってから
まだ受け取ってなかった。







最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。