FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7:豎子(7)

2015年10月31日 16:05

あれ以来
彼女とは話す事もなくなった。
目が合うだけで
私を睨むようになっていた。
そんな彩加の姿を見る度に
哀しい気持ちになった。


彩加にだって良いところがいっぱいある。
優しくて一途な子。
だけど裏を返せば執着心が強く
死ぬまで根に持つタイプ。
女特有の可愛らしさと、女特有の執念深さを兼ね備えていた。





    ――― 出たっ、出たっ! 八方美人!

 
          目立ちたがり屋! 


      自分がリーダーだとでも思っているんじゃない?




それなら自分達が声をかければいいのに。




「名前なんて言うの?」


「あっ・・ 私、遥。」


地味で大人しそうな外見と違い
遥はよく喋る子だった。
話しだせば機関銃のように一人で喋っている。
ひょうきんで面白い子なのに
皆の前だと一言も喋らない子だった。
多分クラスに馴染めなかったんだと思う。
だって誰も遥に声をかける子はいなかったから。



それから間もなくして遥が学校へ来なくなった。
給食のおかずが酢豚だった日
酢豚を口にする遥の姿を目にした男子が
彼女に聞こえるように言った。 





    ―――   豚が共食いしている。 
 



翌日から遥は学校へ来なくなった。
涼は家が近かったので
毎日、遥の家へ寄るようになった。
家が遠い私は毎日手紙を書いた。
今日は国語の抜き打ちテストがあったとか何気ない些細な事。
早く学校においで!
皆待っているから元気な顔見せてね!
その言葉を必ず添えた。

一ヶ月が経ち
その間、一日も欠かす事なく手紙を書いた。
涼も遥の家へ通い続けたが
それでも遥は来なかった。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。