FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10:女の情けに蛇が住む(1)

2015年12月07日 10:41

この頃から
私と涼の間に彩加が割り込むようになった。
涼と一緒に居れば必ず彩加が邪魔をする。
涼が好きなんじゃない
ただ私の邪魔をしたいだけ。


体育祭の役割を決めた時
涼は赤組、私は白組の応援団に選ばれた。
何かライバルみたいで嫌だなぁ、という私に対し
三年最後だからいい思い出になるやん。
仲良し同士、ライバルとして正々堂々お互いに頑張ろうな!
私を励ます涼の隣で


小雪にだけは絶対に負けたくない!

涼を応援するからね!

同じ赤組の彩加が意地悪な言葉を口にする。




応援団の打ち合わせを
屋上でしている時でさえも



   ―――  どんな具合か見に来てやったの。
         ヤダ―ッ? もしかして私ってスパイ?
         絶対アンタにだけは負けないから!



スパイとか小学生じゃあるまいし
どこまで幼稚な女なんだろう、そう思った時だった。



   ―――  お前ら、さっきから鬱陶しんだよ! 

         今度来たら塩ブッかけてやるかならな!!

         さっさと帰れ!!




隣にいた茜が
彩加に向かって言った。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。