FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12:失われた小鳥たち (1)

2015年12月20日 14:34

その日は、晴天であった。
体を大きく仰け反り大空を見上げてみると
どんよりした重苦しい私の心とは裏腹に
どこまでも澄みきった青空であった。




どのようのに別れを告げ
家に戻ってきたのだろうか。
記憶がない。
ただ二度と戻れない、という濁った感情と
普通の女の子とは違うという想いが
私の心に重く圧し掛かり
いつまで経っても
私の体に纏わりついたものが消える事はなかった。





              気だるい。




誰かが私の体がに圧し掛かっているような感じさえする。
体中が重たくて
いつまで経っても異物感が私の中から消える事はなく
そのまま居間の畳の上に崩れ落ちるように横になった。




写真・・・




掌に握りしめられた一枚の写真。
見られたらどうしよう。
捨ててくれば良かった・・・そう思うのに
私の体は鉛のように重たく起き上がる事が出来なかった。


どうでもいい。

忘れたい。


重い瞼を閉じ
私は現実の世界から解き放たれた。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。