FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12:失われた小鳥たち(5)

2015年12月24日 18:09

いつまでも
少年であり続けなければならなかった私は
初潮を迎えた時も
とても恥ずかしい事だと思ったし
汚ないもののように感じた。


そんな私は高校生になってもブラも付けなかった。
そういう下着を身に付ける事にさえも抵抗を感じていたから。
ブラをつけるようになったのは
高校一年の時
お昼ごはんを食べ終えた私に




   ------------  アンタ、まだブラもつけてもないの?! 恥ずかしい!




皆の前で彩加に侮辱されたからだ。
その場にいられない程、屈辱的だった。
だがきっとその時の彼女の言葉がなかったら
私はその先もブラを使う事はなかったような気がする。


色気づく女子達を罵る両親を目にする度に
私は私が演じている少年に騙されつづける両親の事を
心の底から罵り、嘲笑った。
お前達がどれだけ立派な人間なんだ!
お前の娘が
陰で何をやっているのかなんて何も知らないだろ!
笑いがこみあげ
私の中の黒い闇が満たされてゆく。


学校でも同じだ。
勉強もせず、授業にもついてこれない。
そのくせ男のケツばかり追っかけている女の姿を見る度に
真面目に見える人間程
裏で何やってんだが分からないもんだ。
もっと要領良く遊べばいいのにとさえ思った。
そう思う事により
私は自分の中に潜む「後悔」というものを葬りさり
優越感に浸った。
周囲の人間の姿を目にする度に
勝ち誇ったような気さえしたのだ。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。