FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12:失われた小鳥たち (12)

2015年12月31日 19:13

別に誰でも良かった。
早く大人になりたかった。
セ.,.ックスを経験すれば大人になれる様な気がした。
大人になれば
この生活から逃れられるような気がした。
居場所を見出せるのなら
相手は誰でも良かったのだ。




  ―――  彼女がいないようには見えない、なんて言われる。



その言葉を疑う余地なんて全くなかった。
だがしばらくして
私の眼に飛び込んできたのは
想像を絶する程の醜い男。




ゴリラのほうが余程、美しい!
だが分かりやすく言うならばゴリラ顔
ブラマヨの小杉のような髪の毛を
天に突き刺さるかの如く
ムースでガチガチに固め
誰も穿かないような霜降りのジーンズの上には
胴周りについた脂肪の塊が
今にも溢れでそうな状態でついている。
ボクシングの面影など微塵もない。
だらしのない生活感が全身を覆っていた。


身長もせいぜい165、6といったところだろう。
あまりにも醜さになかったものにしようと思った。



他人の振りをして帰ろうかな? 
でも自宅の電話番号を知られている・・
どうしよう・・・怒って家に電話されたら
色んな事が頭の中を駆け巡る。


男との距離が縮まる。


どうしよう・・

どうしよう・・・



          ------------  オレ、薫なんだけど小雪ちゃって君だろう?




肩を掴まれた。
もう逃げられない。
覚悟を決めた私は
この日、初めて逢った薫とホテルへ向かった。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。