FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12:13階段(1)

2016年01月12日 17:40

育ててくれた父親の事を
殺してやりたいとまで憎むアキラ
自分の親を殺してやりたいとまで憎む気持ち。
きっと普通の人間には理解しがたい事だと思う。


だがこの世に生を受け
憎しみを背負って生まれてくる人間がどこにいるのだろうか
優しくて穏やかなアキラの心の中を
ここまで変貌させたのは彼女の父親なのだ。




高校生になっても家は何一つ変わる事がなかった。
両親は酒に溺れ
夜中は発狂する父の声で叩き起こされる。





     苦しいーーーっ!  助けてくれーーーっ!



     救急車を呼んでくれーーーっ!  




         死ぬーーーっ!  



         死ぬーーーっ!!







深夜、近所中に響き渡る奇声をあげ
黒いアスファルトの上をのたうちまわり
何時間も喚き散らす父。
その奇声を耳にする度に
父親という存在がもがき苦しみ消えゆく様を
何百回、脳裏に描いた事だろう。




消えてしまえ!


居なくなれ!




情けない無様な姿を目にしながら
頭をひっぱたいてやりたい!という怒りを堪え
母に急かされ父の重い体を引きずって家まで運んだ。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。