FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13:13階段(9)

2016年01月20日 17:59

アキラに全てを打ち明けた。
一粒の涙さえも零れ落ちなかった。
哀しいから涙が出るとは限らない。
哀しいからこそ
泣けない事だってあるのだという事を
この日、私は知った。







「何にも心配する事ないよ。大丈夫、怖い事はないから。
目を閉じて数を数えるの・・ 1 2 3 4 5 ・・・
目が覚めた時には、全て終っているから大丈夫。」

 


 
      1






     
      2







      3







      4







      5






動揺する私の背中に手をかけ
優しい言葉をかけるアキラ。
誰でもいい。
縋りつきたい思いであった。
自分がやろうとしている事も顧みず
最後の最後まで私と言う人間は
自分の事しか考えられなくなっていた。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。