FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13:13階段(19)

2016年01月30日 22:58

歌が聞こえる。
早送り再生しているような甲高い歌声。
歌声が響き渡る中
薄黄色とくすんだ緑色の二色が交差した
まるでペロペロキャンデーの様な
グルグルグルグル回転し続ける大きな渦を見つめていた。






その渦の中に
緑色の服を身にまとった三角帽子をかぶった小人が
渦の中にのみ込まれた。
小人は輪の中をグルグル回転しながら
渦の奥へとのまれ吸いこまれてゆく
小さくなっていく小人。
甲高い小さい悲鳴が音楽と共に聞こえていた。


渦にのみ込まれ
小さくなってゆく小人を見つめながら
助けなければならないと思う私と
手を差し伸べる事で
私も渦の中へ消えてゆくのではないかという恐怖が襲い
手を差し出す事に躊躇する私がいた。




耳に届く甲高い歌声と悲鳴

グルグル回転し続ける渦

のまれてゆく小人

助けなければ後悔すると思った私は
渦の中へ身を乗り出し
手を差し出すと小人の手を力強く掴み引き上げようとしたのだが
体ごと私も渦の中へ引き込まれてしまった。




回転し続ける渦
歌声は次第に大きくなり
私の体は外回りで回転しながら渦の中心へとのみこまれていく。
渦の中心へ向かうにつれ
回転スピードも速くなり
それに合わせるかのように歌声のスピードも加速する。





        ――― このまま、のみこまれていくんだ・・




大きくなる音楽と加速する歌声。
それに合わせ体も回転し目も回る。
グルグルグルグル回転する渦
私の体も目まぐるしい勢いで回転し
目が回る。



渦の中心へ向かい
奥へ奥へとのみこまれていく中、思った。
このまま死んじゃうんだって。
私も小人と一緒に死んじゃうんだって。
回転し続ける渦の中
私はそう思った。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。