FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13:13階段(23)

2016年02月03日 16:42

高校の門を出てバス停へと向かう道路
その先にある公衆電話ボックスの前に
停車している紺色の軽自動車を目にした時
あまりの恐怖に息が止まった。
それは薫の車であった。



再会を何度も拒み続ける私に付き纏う薫は
学校の近くで待ち伏せするまでになった。
私は気付かれないように友達の輪の中に入りバス停へと向かう。




            ブッブッーーーーー。




車を横切り前を向いて歩いていた私を
引きとめるかのように
クラクションの音が鳴り響いた。
こんな男と知り合いだなんて思われたくない。
私は振りかえる事無く無視した。
私じゃない!って思わせる為に無視し
バス停に屯する友達の輪の中に身を潜めた。








最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。