FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15:サイン(8)

2016年02月15日 23:16

   ------  もういいよっ!! 小雪には相談しない!!!



アキラはとても協調性があり
温和な性格であった。
その彼女が怒りを露わにし
教室に響き渡る程の大声で叫ぶと
手にしていたノートを床に叩きつけた。
アキラが怒った姿をこの日、初めて私は目にした。
何を言われても構わない。
放課後、私から米倉に話そうと思った。



「ごめん、本当にごめんね、ちゃんと聞くから、お願い話してよ・・」


「もういいから・・ 本当に大丈夫だから・・」


次は体育の授業
アキラは体操服を手に取ると
何事もなかったかのように普通にしていた。
いつもの彼女に戻っているかのように見えた。
クラスの友達と武道館へ向かっていると
アキラの足が立ち止まった。



「ごめん・・ 私、部室にシューズ置き忘れてきちゃったみたい。
ちょっと取りに行って来る。」


「私も一緒に行くよ、一緒取りに行こう!」


「さっきの事気にしているの? 心配しなくても大丈夫だから。」


笑顔で手を振り部室へ消えて行くアキラ。
後ろ髪を引かれる思いって、こういう時の事を言うのだろうか
笑顔で部室へ向かうアキラの姿を目にしながら
大丈夫、何もない。
そんな事を思いながら武道館へと向かった。



この日がアキラの姿を見た
高校生活最後の日になるなんて思ってもみなかった。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。