FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17:裏切り者は誰だ(11)

2016年05月13日 21:48

休み時間、私は葵に手紙を書いた。


  葵ちゃんへ。


 彩加の事を許せない気持ちも分かる。
 だけど許す事だって出来るんだよ、
 彩加だって一人になった今、葵ちゃんに対し行った事を反省していると思うよ。
 一人の寂しさを経験しているのなら
 尚更、同じ事を人にはやってはいけない。
 今、葵ちゃんが私にやっている事って彩加にされた事と同じ事じゃないの?
 それって間違っているんじゃない?
    


自分の想いを全て正直に伝えた。
これで分かって貰えないのなら
もう付き合ってゆくのは無理なのかも知れない・・
半ば苛立つ気持ちもあったのだと思う。
だが信じていた。
クラスで一人になった経験がある葵なら
きっと分かってくれるって思った。
だがそれは私の理想論にしか過ぎなかった。


返事はこなかった。
その日を境に小雪ちゃんという呼び名が苗字へと変わり
日を追う事に、葵の態度は酷くなっていった。
側に駆け寄り声をかけても無視。
今まで私がいた輪の中で、葵は楽しそうに笑っていた。
その笑顔はまるで水を得た魚のように活き活きとした笑顔であった。

だがそんな事より私が一番哀しかったのは
それまで常に行動を共にし
信頼していた菜穂が嬉しそうだった事である。
その時、初めて菜穂が今までどんな気持ちで
私の側にいたのかという事を知った。
アキラ、真央、葵、行動を共にする誰もが常に私が一番だった。
きっと寂しかったのだ。
一緒に居たけど
その中で菜穂は彼女なりに孤独を感じていたのかも知れない。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。