FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18:この世の果て(12)

2016年05月14日 21:55

人生最後の瞬間
人生が走馬灯のように流れるって話を
耳にした事があるけど
本当なのだろうか、、
私も終わりを迎える時、見れるのかな、
それが本当だとしたら早く見させてほしい。
だってそれを見れたら
この苦しみから
私という肉体から解放されるのだから。





早く見て終わりを迎えたい。
終わりにしたい・・・ そう思うのに
私の願いは一向に叶う事無く
いつになっても私の意識がなくなる事はなかった。
起きているのか、寝ているのかさえ分からない。
時間が、とても長く感じられた。
とても長く
とても静かな時間だった。





次第に寒さが襲い始める。
今まで味わった事のない寒さ。


寒い・・・


寒い・・・


寒いよ・・・・


寒くて寒くてたまらなかった。



それは薬のせいなのか
死へ向かっているからなのだろうか
それとも頬に触れるタイルの冷たさなのか
死ねるのか?
やっと死ねるのか?
これで楽になれるのか
苦痛から解放されるのだろうか




指先にピリピリとした電気が走るような感覚を覚え
やがて、その痺れが鈍い感触に変わり始めた。
指先、手、足、頬
私の体の一部、一部が凍りついてゆくかのように感じられ
自分のものではないかのようにも感じる。
全身が冷たくて、鉛のように重たく鈍い。




死ぬって、寂しい。



死ぬって、孤独。



死ぬって、哀しい。





もう指も動かなくなっていった。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。