FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19:黒く塗りつぶせ(2)

2016年05月14日 22:03

修学旅行、マラソン大会、文化祭
高校生活最後の様々なイベント。
皆が色々な担当を和気藹々と請け負う中
私の名前はどこにもない。
マラソン大会も排除。
文化祭の劇、屋台からも排除。
クラスの皆と仲良く写る卒業写真撮影の時も無視。
それどころか私への当てつけと言わんばかりに
クラスの誰もが菜穂と葵を持て囃し
私を更に孤立化させる事で楽しむようになっていた。


何かあるとストレスの発散、はけ口となる。
虐めの対象が自分になる事を恐れ
人の心を踏みにじり自分の身を守る人間ども。
それから卒業するまでの期間
クラスで私と口を聞いてくれる人間は一人もいなかった。


中退もできず
出席日数も足りないので保健室に逃げる事もできない。
卒業という道しか許されなかった私は
一日過ぎる事にカレンダーの数字を黒く塗りつぶしては消してゆく。
後、何日。
後、何日。
地獄のような日々
その一日が過ぎゆくのを待ちつづけた。



皆が肩寄せあって写るその輪の中から
一人はずれて写るしかなかった私。
浮いた状態で写る悲しそうな私の表情。
あんなもの要らない。 
二度と見たくもないし、触れたくもない。
二度と開かれる事がない卒業アルバムを手にした私は
地獄の様な日々を乗り越え
卒業式を迎える事が出来た。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。