FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21:影踏み(2)

2016年07月07日 06:27

人の優しさに触れ
温かいぬくもりを感じられた。
人と居て
幸せだ、って心から思えたのも
あの一件を境に私は変わってしまった。
いや気付かなっただけで
何も変わっていなかったのかも知れない。
ただ周囲の人間の態度が徐々に変化しつつあった事だけは確かであった。


          キラ―



どこからともなく聞こえる言葉と
冷たい眼差し。
キラーとは私の影の呼び名。
いつしか私は一部の男性社員から陰でこう呼ばれるようになった。



冷たい眼差しが胸に突き刺さり
自分の体が石のように固まってゆくような感触に襲われる。
薄汚れた自分の姿を見透かされている様な気がした。
だが誰かの冷たい視線を感じる度に
後ろめたい気持ちに苛まれたのも最初の頃だけとなる。
いつしか自分の行いを全てアイツのせいにし
私は正当化するようになった。
全部、アイツが悪い。
私を変えたのはアイツだ。
そう思う事で許される気がした。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。