FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21:影踏み(6)

2016年07月12日 12:44

人生の中で
一つだけ何か消し去る事ができとしたならば
私の中からアイツを抹消してほしい。
二度と思い出しくもない。
だがその二度と思い出しくもない事を
その場所へ戻り思い出して書いている。
何故、書くのか
二度と思い出しくない出来事を
何故私は書くのか。
それはこの男が私に行ってきた数々の仕打ちを
どれ程酷い仕打ちを行ったのか
世間に知らしめるため
世の中の人間に細菌テロリストのように
ばらまくために
私はこうやって書いているのだ。







あれは五月か六月初旬の出来事だったと思う。
会社の仕事にも慣れ始めた頃であった。
寮に一本の電話があった。
それは母からの電話。








受話器の奥から届けられた言葉が
私の中に入ってきた瞬間
まるで記憶喪失にでもなかったかのように
頭の中が真っ白になり
母が発した言葉が理解出来なかった。
それは一種の拒絶反応なのか。
そこから先
母が発した台詞が私の中に入ってくる事はなかった。








最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。