FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23:涙のジョージ(10)

2016年07月18日 15:00

彼に差し出された腕に身を委ね子猫のように丸まった。
白いシャツを伝い
彼の体温を感じる。
それは人の生身の温かさ。






どくん。





どくん。





どくん。






彼の高鳴る心臓の鼓動が伝わってくる。
緊張の中に感じたもの。
それは胸をギュ―ッ、と締め付けられるような痛み。
生まれて初めて息苦しさにも似た痛みを味わった。




それは幸せではなく哀しみ。
彼が寂しさを感じているという事が
痛い程、伝わってきたから
その痛みを感じ取る度に
いつしか私は今までとは違う寂しさを感じていたのかも知れない。
だからこの微妙な関係が歯痒く感じるようになっていった。




彼に逢う事も。


彼が何も求めてこない事も。




目の前にある温かさを信じる心より
これから先
彼と一緒に居る事で傷付く事を恐れ
終わりにしたい、と思う様になっていった。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。